データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【日本S第3戦採点】崖っぷちDeNA、「2番・筒香」で活路を。ソフトバンクは日本一へ抜かりなし

日本シリーズ第3戦は、福岡ソフトバンクホークスが3-2で横浜DeNAベイスターズに競り勝ち、3連勝で日本一に王手をかけた。またも僅差での試合をモノにできなかったDeNA。両者のパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2017/11/01

text By

タグ: , , , ,



1点が遠かったDeNA、満塁のチャンス生かせず

 試合は1回表、ソフトバンクの1番・柳田悠岐が右前安打で出塁。先頭打者では3試合連続の安打だ。これまで2試合は今宮健太の犠打で二塁へ進んだが、この日は盗塁を決めてからの送りバントで、1死3塁の好機を作ると4番・内川聖一が右翼越えの適時二塁打で1点を先制した。
 
 4回表には、四球と明石健志の中前安打などで1死2、3塁の好機を作ると、8番・高谷が2点適時打を放ち3-0とした。
 
 DeNAは直後にロペスの本塁打で応戦。ソフトバンクの先発・武田翔太や中継ぎ陣を攻め立てたが、2死満塁から倉本寿彦の適時内野安打止まり。あと1点が届かなかった。
 
 両チームの採点は次の通り。

スポンサードリンク

1 2 3