データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【日本S第4戦採点】DeNA・濱口、文句なしの最高評価。ソフトバンクは左腕対策に反省点

日本シリーズ第4戦は横浜DeNAベイスターズが6-0で福岡ソフトバンクホークスに完封勝ち。崖っぷちで踏みとどまった。両チームのパフォーマンスはどうだったのか。

2017/11/02

text By

タグ: , , , , , ,



ルーキーVSベテラン、白熱の左腕対決

 試合はDeNA・濱口遥大、ソフトバンク・和田毅の両左腕による白熱の投手戦で推移した。均衡を破ったのはDeNAだった。
 
 円陣を組んだ後の5回裏、先頭の宮崎敏郎が和田のシュートを捉えると左翼スタンドに飛び込む先制本塁打を放った。これで勢いに乗ると、続く梶谷隆幸と高城俊人の連続安打、8番・濱口の犠打で1死2、3塁とすると9番・倉本寿彦が左翼犠牲フライを放ち2点目を挙げた。
 
 これで楽になった先発の濱口はストレートを見せ球に、チェンジアップ、フォークとスライダーを低めに決め、強力ソフトバンク打線を手玉に取った。8回1死までノーヒット・ノーランの圧巻ピッチング。代打の鶴岡慎也に安打を浴びて大記録は逃したが、8回途中無失点の仕事をやってのけた。
 
 打線は、7、8回にも着実に加点して、6得点快勝。パットン-山崎康晃とつないでシリーズ1勝目を挙げた。
 
 両チームの採点は次の通り。

スポンサードリンク

1 2 3