データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【日本Sを読み解く】DeNA・濱口、圧巻の投球にあった伏線。女房役・高城と踏み入れた新境地

日本シリーズ第4戦は、横浜DeNAべスターズが福岡ソフトバンクホークスに6-0で勝利した。崖っぷちだったDeNAは第5戦に望みをつないだ。試合のポイントはどこにあるか。

2017/11/02

text By

タグ: , , , , , ,



DeNA・濱口、「明日なき戦い」で見せた集中力

 この日の横浜スタジアムは、やけに物分かりが良かった。
 
 プレイボールが掛かると、1回だけで3度の大声援が送られた。ファンのメッセージは分かりやすかった。
 
 「柳田を抑えろ」「先制点はやるな」「桑原よ、ヒットを打て」
 
 この試合に敗れれば、日本シリーズは終了する。かつてないほどの「明日なき戦い」に、横浜スタジアムのファンたちは祈りに近い声援を送っていた。
 
「これが日本シリーズなのかと思いました。まだ日本シリーズは終わっていないんで、最後までしっかり戦い抜こうと。自分がシリーズを終わらせないように気持ちを込めていました」
 
 先発マウンドに立ったDeNAのルーキー・濱口遥大は、この一戦にこれまでにないほどの集中力を見せていた。
 
 140キロ後半のストレートはほどほどに、急ブレーキの掛かるチェンジアップを多投した。それだけでなく、打者の手元で鋭く落ちるフォークやシーズン中は使うことが少ないスライダーまで投げた。
 
 先発投手に必要なゲームメークというよりも、一人一人が最後の打者のように、一球一球に魂を込めて腕を振り続けた。
 
 ソフトバンクの先発、元メジャーリーガー・和田毅と渡り合うしびれる投手戦を展開。
 
 5回裏に宮崎敏郎のホームランで先制。梶谷隆幸、高城俊人の連打で生まれチャンスに、濱口は自らのバットで走者をすすめ、倉本寿彦の犠牲フライで2点目。これで勢いに乗った。
 
 8回1死までノーヒット・ノーランに抑える快刀乱麻。大記録を逃したとはいえ、ルーキーが強力打線を相手にこれほどにピッチングをやってのけるとは誰が想像したか。
 
 ラミレス監督は「濱口にこれほどのピッチングができる力があるのは分かっていたので驚きはないが、日本シリーズという舞台で素晴らしい仕事をするルーキーを私は見たことがない」と称賛した。
 
「集中し過ぎるくらいに集中していたと思います。調子が良かったとか、悪かったとか自分でも分からないくらいで、一人一人、バッターと集中して勝負できたかなと思います」
 
 そう振り返る濱口。その快投を引き出したのは、シーズン中から彼の登板に限ってマスクをかぶってきた捕手・高城だった。

スポンサードリンク

1 2