データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【日本S第5戦採点】ラミレス監督の情熱采配と工藤監督の疑問采配。継投ミスは尾を引くか。

日本シリーズ第5戦は、横浜DeNAベイスターズが5-4で福岡ソフトバンクホークスに逆転勝ちした。3連敗からの2連勝で、決戦は福岡までもつれこんだ。両者のパフォーマンスはどうだったのか。

2017/11/03

text By

タグ: , , , , , ,



DeNAが逆転勝ち、ソフトバンクは守備・継投にほころび

 試合は1点を追う4回裏、DeNAは2死からロペスが右翼線にチーム初安打となる二塁打を放つと、4番の筒香嘉智が起死回生の逆転本塁打をバックスクリーン左に運んだ。
  
 しかし、ソフトバンクは即座に反撃。先頭の柳田悠岐が中前安打で出塁すると、犠打で二進。3番・デスパイネのところで捕手・戸柱恭孝が少しはじいたところを、二走の柳田がすかさず三塁を陥れ、デスパイネの犠飛で同点とした。さらに、4番・内川聖一が左翼前安打でつなぐと、5番の中村晃が右翼スタンドへの2点本塁打で勝ち越した。
 
 負けられないDeNAは6回裏に好機を作る。先頭の桑原将志が左翼前安打で出塁すると、2番・柴田竜拓の3球目に盗塁を成功する。1死後、ロペスの四球で、1、2塁となると、工藤公康監督が投手をモイネロにスイッチ。そのモイネロから筒香が中越えへの適時二塁打を放ち1点。さらに宮崎敏郎が中前安打で続いて同点。戸柱の代打・嶺井博希のセカンドゴロが敵失を誘い逆転に成功した。
 
 この1点をDeNAのブルペン陣が守り抜く。8回2死、1,2塁で柳田を迎えたところで、ラミレス監督はクローザーの山崎康晃を投入。今季初のイニングまたぎを意に介すことなく無失点で抑えた。DeNAは2勝目。明日から敵地に乗り込み、逆転優勝を狙う。
 
 両チームの採点は次の通り。

スポンサードリンク

1 2 3