データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【日本S第6・7戦展望】日本一へカギ握る先発起用。王手かけるソフトバンク、千賀は中継ぎ?DeNAは左腕で勝負を

 日本シリーズは4日から福岡・ヤフオクドームで第6、第7戦を迎える。ここまでの5戦は、福岡ソフトバンクホークスの3連勝の後、横浜DeNAベイスターズが2連勝。王手をかけ、本拠地に戻ってきたソフトバンクに分があるが、日本一に輝くのはどちらか。

2017/11/04

text By

タグ: , , , , , ,



ソフトバンク、千賀は中継ぎ起用か

 いよいよ、2017年シーズンのクライマックスだ。
 
 日本シリーズは舞台を福岡に移して、第6、第7戦が行われる。王手をかけているソフトバンクが俄然有利だが、これまでの試合が示しているように勝負は最後まで分からない。両チームはどう試合を運ぶか。
 
 カギとなるのはやはり先発投手だ。予告先発がない今年の日本シリーズはその駆け引きがおもしろい。ソフトバンクの第6戦先発は千賀滉大と東浜巨のどちらかと考えられ、DeNAは中5日で今永昇太、井納翔一の2手ある。
 
 前回登板で7回を1失点で勝利した千賀、勝ち星がつかなかった今永も6回を1失点と相手打線を抑えている。通常なら好投した二人が先発というのが定石だ。しかし、日本一がかかる「負けられない戦い」は戦術面がものを言う。
 
 ソフトバンク・千賀はコンディションがベストではないという報道もあるが、第5戦で明らかになったように7回までをつなぐ右投手にいまひとつ信頼がない。そのため、第5戦では6回途中にモイネロを前倒し起用し、結果、試合を収められなかった。
 
 第2戦に森唯斗が宮崎敏郎に勝ち越し本塁打を打たれた経緯もあるが、五十嵐亮太、攝津正も失点し、やや不安をのぞかせる。
 
 ならば体調が万全ではないものの、登板可能な千賀を中継ぎ待機させる。リーグ最多勝の東浜巨を先発にたて、5回を乗り切ったところで千賀にスイッチ。7回から盤石のリリーフ陣へ託すという算段も戦略としてはおもしろいだろう。
 
 DeNAは、ソフトバンクに勝利した2試合は左腕投手が先発した。ビデオ判定で覆った今永が好投した試合を含めると左腕の相性がいい。中継ぎの砂田毅樹、エスコ―バーも徐々に状態を上げている。第6戦に勝てば、第7戦には濱口遥大が登板可能になるし、左腕投手がカギになる。
 
 そこで考えられるのが、右腕先発→左腕先発にスイッチという戦術だ。ソフトバンク打線はデスパイネ、内川聖一、今宮健太と右の好打者が上位を打っているが、下位の打者は圧倒的に左打者のクオリティが高い。左打者は明石健志や長谷川勇也、代打には城所龍磨、上林誠知がいる。右打者の江川智晃や川島慶三、吉村裕基に結果が出ていない。
 
 左投手を先発させると、右打者が先発になるが、代打に多くの左打者を残すことになる。そうなった場合、終盤の大事な場面で彼らの登場を待つことになる。そこで、右投手を先発させるのだ。そうするとスタメンに左打者が並ぶ。そして、右投手を1、2イニングで交代させ、左腕にスイッチする。試合をリードすれば、終盤に右の代打が送られるが、そのタイミングで、パットン、山崎康晃を投入すれば、ソフトバンクの打つ手はなくなる。
 
 3日の時点で、第6戦は井納が先発するというアナウンスをしていないから、このまま今永が先発することになるだろう。井納が先発しても、相手は左打者を並べないだろう。この戦略を使うなら第7戦だ。第6戦を今永で逃げ切り、最終戦につなげたいところだ。

スポンサードリンク

1 2