データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【日本S第6戦採点】ソフトバンク、選手のおかげで勝ち得た日本一。指揮官の能力はDeNAに軍配か

日本シリーズ第6戦は、福岡ソフトバンクホークスが延長11回の末、川島慶三がサヨナラの適時打を放ち、4-3で横浜DeNAベイスターズを下し、2年ぶり日本一に輝いた。

2017/11/05

text By

タグ: , , , , , , , ,



ソフトバンク・川島のサヨナラ打で日本一

 試合は、ソフトバンクが2回裏に松田宣浩の左中間スタンドへのソロ本塁打で先制したものの、終始DeNAペースだった。先発の左腕・今永昇太が、変化球を駆使したピッチングでソフトバンク打線を翻弄。パ・リーグ王者を完全に黙らせていた。
  
 5回表、DeNAは先頭の7番・白崎浩之が左翼スタンドに同点弾を叩き込むと、1死から9番・倉本寿彦と1番・桑原将志の連続安打でチャンスメーク。ソフトバンクは先発の東浜巨を諦め、左打者キラーの嘉弥真新也にスイッチするが、2番の梶谷隆幸は意表をつく犠打を成功させる。ソフトバンクベンチは、再度、右腕の石川柊太にスイッチするも、3番のロペスが左翼線に適時打を放ち2点を勝ち越した。
 
 これで勢いに乗ったDeNA・今永は8回途中まで2安打2失点と好投。ブルペン陣にバトンを繋いだ。
  
 しかし、9回裏、1死から4番の内川聖一がDeNAのクローザー・山崎康晃のツーシームを捉え、左翼スタンドへ起死回生の同点弾。試合を振り出しに戻した。その後は両者、つばぜり合いの接戦が続いたが、11回裏にソフトバンクは連続四球でチャンスを得ると、2死1、2塁から川島が右翼前安打を放ち、二塁走者の中村晃が本塁に突入。DeNAの返球がホーム目前ではねて試合が決まった。
 
 ソフトバンクは2年ぶりの日本一。シリーズMVPはこの日、3イニングを無失点に抑えたサファテが輝いた。優秀選手には柳田悠岐、内川聖一、濱口遥大、敢闘賞には宮崎敏郎が選ばれた。
 
 両チームの採点は次の通り。

スポンサードリンク

1 2 3