データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





セイバーメトリクスで考える17年ベストオーダー。大量点期待の強力打線に<パ・リーグ編>

セ・リーグに続き、選手の個人記録を組み合わせて算出する総合的な評価指標をベースに、パ・リーグのベストナイン、ベストオーダーを選出する。僅差の選手については、指標を構成する各要素をその都度比較し検討を行っていく。

2017/11/09

text By

photo

DELTA

タグ: , , , , , , , , , ,



レベルの高い外野手が集中するセンターから3人を選出


 まず外野手から見ていこう。外野は本家ベストナインにならい、それぞれのポジションではなく、外野全体から優秀な選手3人を選出する。
 
 一目して“当確”と言えるのは秋山翔吾(西武)、柳田悠岐(ソフトバンク)の2人。秋山は攻守で圧倒的な貢献を見せており文句なし。柳田は守備と故障離脱による出場機会減というマイナスはあったが、それを補って余りある打撃貢献を果たしていたからだ。
 
 最後の1枠は誰がふさわしいか。打撃で数字を伸ばしたT-岡田、吉田正尚のオリックス勢の活躍は目を引くが、ここでは日本ハムの西川遥輝を推したい。現在のパ・リーグは、外野で最も守備力が求められるセンターを攻撃力の高い秋山、柳田が守っているため、攻撃力の平均値が上がっている。
 
 西川のセンターでのポジション別wRAA(ポジションの平均レベルの打撃成績をゼロとして貢献度を計った指標)は10.0だが、ハイレベルな環境下で平均以上の数値を残したことは価値がある。加えてセンターは守備力においても優れた選手が集まるものだが、その中でも平均レベルの守備を見せている。リーグトップの39盗塁など、走塁面でも優れた働きを見せていることも評価した。

スポンサードリンク

1 2 3 4 5