データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





セイバーメトリクスで考える17年ベストオーダー。大量点期待の強力打線に<パ・リーグ編>

セ・リーグに続き、選手の個人記録を組み合わせて算出する総合的な評価指標をベースに、パ・リーグのベストナイン、ベストオーダーを選出する。僅差の選手については、指標を構成する各要素をその都度比較し検討を行っていく。

2017/11/09

text By

photo

DELTA

タグ: , , , , , , , , , ,



源田、今宮、茂木がしのぎを削った激戦・ショート


 ショートは源田壮亮(西武)、今宮健太(ソフトバンク)、茂木栄五郎(楽天)の3人が数値上は僅差の争いを見せている。守備の源田、攻守のバランスの今宮、打撃の茂木といった表現が適当か。茂木の打撃はショートとしては頭一つ抜けている。欠場をどう評価するかで判断は変わってきそうだ。
 
 サードは松田宣浩(ソフトバンク)、ゼラス・ウィーラー(楽天)、中村剛也(西武)、中村奨吾(ロッテ)などが候補。ここも打撃のウィーラー、バランスの松田と中村剛也、出場機会は少ないが守備面での貢献が大きかった中村奨吾というタイプ分けができる。このポジションも出場機会の少なかった中村奨吾をどう評価するかで選択は変わる。
 
 セカンドは浅村栄斗(西武)で異論はないだろう。唯一の対抗馬は鈴木大地(ロッテ)だが、攻守ともに浅村が勝っており、文句のつけようがない。鈴木は浅村を出塁面で上回ったが長打力には大きな差があった。ショート時代は大きな弱点となっていた守備もセカンド転向によりマイナス幅は狭めた。浅村、鈴木ともにパを代表するセカンドといえる。

スポンサードリンク

1 2 3 4 5