データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





侍ジャパン・稲葉監督が初陣で劇的サヨナラ勝利!「初戦から貴重な経験ができた」

2017/11/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 侍ジャパンは16日、東京ドームで行われた「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」で韓国代表と対戦し、延長10回のタイブレークの末、8-7でサヨナラ勝ちを飾った。
 
 この試合は稲葉篤紀監督にとって初陣だったが、記念すべき1試合目からタフな試合となった。侍ジャパンは3回に1点を先制し、試合の主導権を握ったと思われたが、直後の4回に先発・薮田、2番手・近藤が崩れ4失点で3点ビハインドに。しかし、6回の山川の2ランで反撃の火蓋を切ると、9回には二死満塁のチャンスから京田が押し出し四球を選び、試合を振り出しに戻した。
 
 試合はタイブレークの延長戦に突入し、10回のマウンドに上がった又吉は一死から二者連続で適時二塁打を浴び3失点。侍ジャパンは窮地に追い込まれたが、10回裏に上林の3ランで同点に追いつく。そして、西川の安打・盗塁で一打サヨナラのチャンスを作ると、最後は途中出場の田村が適時二塁打を放ち、試合を決めた。
 
 初陣を終えた稲葉監督は「中々点が取れない中で、追いつくけど追い越せない状況が続いた。韓国のピッチャーも球威のある良いボールを投げていて、バッターが少し差し込まれていて重い感じの試合展開だった」と話した。
 
 代表監督として日の丸を背負うことについては「選手たちはプレッシャーを感じさせず、楽しそうに試合をしていて羨ましいとは思ったが、やっぱり僕はそういうわけには行かない」責任の重さも感じていたようだ。
 
 また、試合終盤の逆転劇について「9回裏はとにかくつないでいくしかなかった。フォアボールをしっかり選んでみんなでつないでくれた。そして、10回裏はとにかく打つしかないというところで、4番から始まったのがプレッシャーになったと思う。そして、上林が見事に打ってくれた」と話し、選手を労った。
 
 一方で、敗れた韓国代表の宣銅烈監督は「4回に4点を取ったところ、延長のタイブレークで3点を奪ったところまではとても良かったが、リードを守り切れなかったのは残念だった。選手にとって良い経験になったと思う」と話した。
 
 「初戦からタイブレークという貴重な経験もできた。一杯一杯というワケではなかった」と手応えも感じていた稲葉監督。初陣は劇的な逆転勝利を飾ったが、次戦ではどのような采配を見せてくれるだろうか。

スポンサードリンク