データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





侍ジャパン、台湾相手に快勝で決勝進出 先発今永が圧巻の6回12K零封 

2017/11/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



○侍ジャパン 8-2 台湾●
 
 「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の侍ジャパン対台湾代表が18日に東京ドームで行われ、侍ジャパンが8-2で勝利。翌日(19日)に行われる韓国代表との決勝戦への進出を決めた。
 
 16日に韓国代表との劇的な試合を制した侍ジャパンが、この日は快勝した。侍ジャパンは2回に外崎の右中間へのソロ本塁打で先制する。
 
 一方、先発の今永は直球、変化球ともに威力抜群で台湾相手に三振ショーを披露。3回までに8三振を奪うと、4回には味方の拙守で無死一三塁のピンチを招くも、三者連続三振に打ち取る。
 
 すると、5回に京田が2点適時打を放ち、今永を援護。今永は6回12三振無失点の圧倒的な投球を披露してマウンドを降りた。
 
 打線は、7回に松本の適時打などで3点を加えると、8回には京田の適時打、9回には外崎の3安打目となる左翼への適時二塁打でダメ押し。9回に台湾に2点を返されるも、侍ジャパンが8-2で勝利した。
 
 稲葉篤紀監督が率いる新生侍ジャパンは2戦2勝で好スタートを切った。翌日にはアジアナンバーワンを目指して、韓国代表と再び対戦する。

スポンサードリンク