データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





今永昇太、驚異の6回12K零封で侍Jデビュー「自分の力を出せて納得」

2017/11/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 侍ジャパンは18日、東京ドームで行われたアジアプロ野球チャンピオンシップで台湾代表に8-2で快勝。この試合でひときわ輝いていたのが先発の今永昇太投手だ。6回を投げ3安打、12三振、無失点の圧巻の成績で台湾打線を完璧に封じ、侍ジャパンの決勝進出へ大きく貢献した。
 
 試合後に「初めてのユニフォームで試合前も緊張した」と代表デビューを振り返った今永。「初回のマウンドに上がったときもふわふわしたような感覚もありました」と答えたが、「その中で自分の力を出せたことには納得している」と自身の投球を評価した。
 
 初回から走者を出すも3三振で台湾打線を抑えた今永。「正直ガス欠してもいいというくらい一人一人丁寧に抑えて行こうという気持ちで投げました」と振り返る。
 
 その後は3回終了までの9つのアウトのうち、8つが三振という驚異的な投球を披露。しかし、4回には味方のミスで無死一三塁とピンチを迎えてしまう。
 
 このピンチの場面でも今永は冷静に自分の投球をした。今永は「アグレッシブなプレーの中でのミス。僕としてはピンチと思わずに、みんなの信頼を勝ち取れるチャンスと思って臨んだ」と振り返る。「たまたま三振で切り抜けたけど、あそこで点をやらなかったのはよかった」と謙虚に答えた。
 
 その後も台湾打線を抑え、結果的には6回3安打、12三振、無失点の成績。この活躍に稲葉篤紀監督も「期待通りの素晴らしいピッチングをしてくれた」と絶賛だ。
 
 今永の好投で侍ジャパンは8-2と快勝。年代別の代表だけではなく、フルとしての侍ジャパン入りも期待できる、最高の投球を披露した。今後の活躍にも期待だ。

スポンサードリンク