データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





侍ジャパン、3連勝でアジアCS制覇!田口7回零封の快投、打線爆発で韓国代表を粉砕

2017/11/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



〇侍ジャパン7-0韓国●
 
 「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の侍ジャパン対韓国代表が19日に東京ドームで行われ、侍ジャパンが7-0で勝利し、同大会の初代覇者となった。
 
 この試合の先発は、侍ジャパンが巨人・田口麗斗、韓国代表がパク・セウン。田口は3回までパーフェクトに抑えた一方、パクも侍ジャパンの拙攻に助けられ3回まで無失点に抑える。そして、試合が中盤に入った4回、侍打線は相手のミスにつけ込んで待望の先制点を奪った。
 
 4回、侍ジャパンは山川の四球・上林のバントが相手野選となり、オールセーフで無死1・2塁のチャンスを作ると、外崎の適時打で1点を先制。
 
 5回には一死満塁のチャンスを作ると、外崎・西川の連続適時打で3点を追加。6回には二死2・3塁のチャンスで山川が2点適時打、7回には西川がソロ弾を放ち、リードを7点に広げた。
 
 投げては、先発の田口が7回を108球で3安打・6奪三振・1死球・無失点と好投。その後の8回は石崎、9回は山崎康が無失点に抑え試合終了。
 
 投げては完封リレー、打っては11安打7得点と韓国代表を圧倒し、稲葉篤紀監督は初陣から3連勝で初の栄冠を手にした。

スポンサードリンク