データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





侍J・稲葉監督、初陣から3連勝で胴上げ「選手にありがとうございますと伝えたい」

2017/11/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 稲葉篤紀監督率いるU-24侍ジャパンは19日、東京ドームで行われた「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」決勝で韓国代表を7-0で下し、3連勝で同大会の初代王者となった。
 
 決勝戦の序盤は拙攻が目立ったが、先発の田口麗斗が韓国打線につけ入る隙を与えない快投を見せ、味方に流れを呼び込む。そして、4回から7回まで4イニング連続で得点を奪ってリードを7点に広げ、最後は守護神・山崎康晃が試合を締めて大会史上初の栄冠を掴んだ。
 
 3戦3勝と無敗で若き代表チームを優勝に導いた稲葉監督は試合後に胴上げされ、お立ち台に。「みんなが日の丸を背負う重みを感じてくれて、結束力を持って戦うことができた。この野球界のために頑張ろうとしてくれて、調整もしてきてくれた選手たちに、ありがとうございますと伝えたい」と嬉しそうに話した。
 
 また、試合後の会見では決勝戦について「第1戦にあれだけの激闘を繰り広げたことで、韓国代表との試合はどういう入りになるかと思っていたけど、田口が素晴らしい投球をしてくれて、良い流れを打者に与えてくれた」と田口の好投を称えた。
 
一方で「投手交代もそうだし、作戦面でも勉強不足なことが多かったけど、選手がカバーしてくれた」と反省の弁も口にしており、今後については「監督としてもっと勉強して、3年間かけて良いチームが作れるようにしっかりやっていきたい」と意気込みを語った。
 
 来年の3月には、オーストラリア代表との強化試合が発表されている侍ジャパン。今度は年齢制限がなく、フルメンバーが招集できるが、稲葉監督はどのような采配を見せてくれるだろうか。これからの侍ジャパンからも目が離せない。

スポンサードリンク