データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





阪神・大和、DeNA移籍で人的補償はどうなる? プロテクト名簿28人を予想

2017/12/01

text By

タグ: , , , , , ,



守備の名手がDeNAへ移籍

 阪神タイガースからFA宣言をしていた大和内野手は、11月30日に横浜DeNAベイスターズと選手契約を結ぶことで合意し、移籍が確定した。
 
今季のDeNAは倉本寿彦が遊撃手として台頭したが、二塁手は後半戦で柴田竜拓が台頭するまで流動的な起用となった。さらに、今季はフルイニング出場を果たした倉本も守備力には不安を抱えており、守備の名手である大和の加入はDeNAのウィークポイントを補うものとなった。
 
 晴れてDeNA入りが決まった大和だが、FA移籍のためDeNAは阪神に補償をする必要が生じてくる。FA制度では旧所属チームの日本人選手年俸上位からA~Cにランク分けされ、大和はBクラスに該当すると見られており、阪神はDeNAに「金銭補償のみ、もしくは人的補償の選手1名+金銭補償」のいずれかの補償を求めることができる。
 
 人的補償の選手は「外国人選手と同年のドラフト獲得選手」を除外し、さらに28人のプロテクト枠から漏れた選手が選出される。昨季、DeNAも山口俊投手が巨人へFA移籍した際に、若手投手の平良拳太郎投手を獲得した。
 
 今回は、編集部でDeNAが阪神に提出するプロテクトリストを予想した。表中、ピンクで網掛けされている選手がプロテクト枠に入る選手となる。
 

■投手

 

 
 阪神は先発陣が手薄となっていることもあり、今永・濱口・井納・石田といった先発投手、先発も中継ぎもこなす三嶋などは真っ先にプロテクトの必要がある。
 
 山崎・田中健・砂田・須田といった主力中継ぎ陣、尾仲・綾部・飯塚・京山といった若手も今後の成長を見越してプロテクトに選出した。
 
 一方、近年は成績が振るっていない国吉・加賀・藤岡・福地や、実績の少ない熊原・野川・進藤・平良などはプロテクト外とした。また、阪神は中継ぎ陣が充実していることもあり、今季は33試合で防御率4.71という成績を残した平田もプロテクト外とした。

スポンサードリンク

1 2