データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





西武が新入団選手を発表。会場わいた辻監督の第一印象、2年連続で「黒い」

2017/12/08

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



 埼玉西武ライオンズは7日、埼玉県所沢市内で新入団選手発表会を開き、ドラフト1位指名の齊藤大将投手(明治大)ら8選手(育成枠2人含む)がファン500人を前に意気込みを語った。
 
 ドラ1の左腕・齋藤には背番号「19」が託された。自らの強みは「どんな場面でも強気に平常心で投げられるところ」と語った。色紙には「記憶と記録に残る選手」としたため、「まずは一軍入りを」と目標を掲げた。
 
 就任2年目を迎えた辻発彦監督は「(今季のルーキーの)源田や平井のように1人でも多くの選手に新しい風を吹かせてほしい」と期待を寄せた。
 
 また、互いの第一印象について問われた辻監督とルーキー8人。昨年、「顔が黒い」と言われた辻監督は「みんななんか色白いな」と“先制口撃”。これに対して、齊藤は「本当に黒い方だな」と指揮官の“フリ”に答えた。
 
 その後、ドラフト2位・西川愛也内野手も「言っちゃダメなんですけど黒いな」、3位・伊藤翔投手や6位・綱島龍生内野手も同じように「黒いですね」と続き、観客を笑わせた。
 
 新入団選手の背番号、意気込みなどは以下のとおり。
 
▽1位 齊藤大将投手 背番号「19」
明治大学、178センチ・75キロ、左投左打
「1年目から一軍でしっかり投げることを目標にして、少しでもチームの勝利に貢献したい」
 
▽2位 西川愛也内野手 背番号「51」
花咲徳栄高、180センチ・78キロ、右投左打
「プロで戦える体をつくって、肩のリハビリをしっかりしたい。自立した選手になりたい」
 
▽3位 伊藤翔投手 背番号「36」
徳島インディゴソックス、177センチ・72キロ、右投右打
「開幕ローテーションを目指して、オフも体づくりを頑張っていきたい」
 
▽4位 平良海馬投手 背番号「61」
八重山商工高、173センチ・84キロ、右投左打
「頑丈な体がセールスポイント。最多勝を目標にしたい」
 
▽5位 與座海人投手 背番号「31」
岐阜経済大学、173センチ・74キロ、右投左打
「しっかり一軍で投げられる体づくりをして、一日でも早く一軍のマウンドで投げたい」
 
▽6位 綱島龍生内野手 背番号「63」
糸魚川白嶺高、178センチ・72キロ、右投左打
「技術と人間力を伸ばして、一軍で活躍できる選手になりたい」
 
【育成】
▽1位 高木渉外野手 背番号「121」
真颯館高、180センチ・77キロ、右投左打
「一日でも早い支配下登録を目指して、首位打者を獲りたい」
 
▽2位 齊藤誠人捕手 背番号「122」
北海道教育大学岩見沢校、180センチ・89キロ、右投左打
「フットワークと頭を使った配球が武器。所沢の暑さに慣れることと、支配下登録の両方を頑張りたい」

スポンサードリンク