データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武

2004年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2004年のプロ野球ドラフト会議では、自由枠入団を含めた新人選手82名(セ・リーグ47名、パ・リーグ35名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 横浜ベイスターズ ◇自由枠    那須野巧 投手 日本大    染田賢作 投手 同志社大   ◇選択選手 1位(選択権なし) 2位(選択権なし) 3位(選択権なし) 4位 藤田一也 内野手 近畿大 5位 岸本秀樹 投手  近畿大 6位 石川雄洋 内野手 横浜高 7位 橋本太郎 投手  大体大浪商高 8位 桑原義行 外野手 日本大 9位  ... 続きを見る


2008年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2008年のプロ野球ドラフト会議では、支配下選手68名(セ・リーグ31名、パ・リーグ37名)、育成選手26名(セ・リーグ12名、パ・リーグ14名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 横浜ベイスターズ 1位 松本啓二朗 外野手 早稲田大 2位 藤江均   投手  東邦ガス 3位 山崎憲晴  内野手 横浜商科大 4位 細山田武史 捕手  早稲田大 5位 小杉陽太  投手  JR東日本   東京ヤクルトスワローズ 1位 赤川克紀 投手 宮崎商高 2位 八木亮祐 投手 享栄高 3位 中 ... 続きを見る


2005年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2005年のプロ野球ドラフト会議では、希望枠入団を含めた大学生・社会人他出身選手58名(セ・リーグ26名、パ・リーグ32名)、高卒出身選手38名(セ・リーグ19名、パ・リーグ19名)、育成選手6名(セ・リーグ4名、パ・リーグ2名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 広島東洋カープ ◇希望枠    獲得なし   ◇大学生・社会人他 1位(選択権なし) 2位(選択権なし) 3位 梵英心  内野手 日産自動車 4位 梅原伸亮 投手  京都学園大 5位 飯田宏行 投手  元ミネソタ・ツ ... 続きを見る


2001年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2001年のプロ野球ドラフト会議では、自由枠入団を含めた新人選手87名(セ・リーグ42名、パ・リーグ45名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 阪神タイガース ◇自由枠    浅井良  捕手 法政大    安藤優也 投手 トヨタ自動車   ◇選択選手 1位(選択権利なし) 2位(選択権利なし) 3位(選択権利なし) 4位 桜井広大 外野手 PL学園 5位 中林祐介 投手  金沢 6位 藤原通  内野手 立命館大 7位 喜田剛  外野手 福岡大 8位 梶原和隆 投手  愛知工業大 ... 続きを見る


2013年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

2013年のプロ野球ドラフト会議では、支配下選手76名(セ・リーグ34名、パ・リーグ42名)、育成選手13名(セ・リーグ7名、パ・リーグ6名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 東京ヤクルトスワローズ ×  大瀬良大地 投手  九州共立大 1位 杉浦稔大  投手  國學院大 2位 西浦直亨  内野手 法政大 3位 秋吉亮   投手  パナソニック 4位 岩橋慶侍  投手  京都産業大 5位 児山祐斗  投手  関西高 6位 藤井亮太  捕手  シティライト岡山   横浜DeNAベ ... 続きを見る


2015年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2015年のプロ野球ドラフト会議では、支配下選手88名(セ・リーグ40名、パ・リーグ48名)、育成選手28名(セ・リーグ17名、パ・リーグ11名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 横浜DeNAベイスターズ 1位 今永昇太 投手  駒澤大 2位 熊原健人 投手  仙台大 3位 柴田竜拓 内野手 國學院大 4位 戸柱恭孝 捕手  NTT西日本 5位 綾部翔  投手  霞ケ浦高 6位 青柳昴樹 外野手 大阪桐蔭高 7位 野川拓斗 投手  鷺宮製作所   ◇育成 1位 網谷圭将  捕 ... 続きを見る


2010年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2010年のプロ野球ドラフト会議では、支配下選手68名(セ・リーグ35名、パ・リーグ33名)、育成選手29名(セ・リーグ17名、パ・リーグ12名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 横浜ベイスターズ ×  大石達也  投手  早稲田大 1位 須田幸太  投手  JFE東日本 2位 加賀美希昇 投手  法政大 3位 荒波翔   外野手 トヨタ自動車 4位 小林寛   投手  大阪学院大 5位 大原慎司  投手  TDK 6位 福山博之  投手  大阪商業大 7位 大原淳也  内野手 香川オ ... 続きを見る


2011年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

2011年のプロ野球ドラフト会議では、支配下選手72名(セ・リーグ37名、パ・リーグ35名)、育成選手26名(セ・リーグ15名、パ・リーグ11名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 横浜ベイスターズ ×  藤岡貴裕      投手  東洋大 ×  松本竜也      投手  英明高 1位 北方悠誠      投手  唐津商高 2位 高城俊人      捕手  九州国際大付高 3位 渡邊雄貴      内野手 関西高 4位 桑原将志      内野手 福知山成美高 5位 乙坂智        ... 続きを見る


2006年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2006年のプロ野球ドラフト会議では、希望枠入団を含めた大学生・社会人他出身選手67名(セ・リーグ28名、パ・リーグ29名)、高卒出身選手33名(セ・リーグ16名、パ・リーグ17名)、育成選手12名(セ・リーグ9名、パ・リーグ3名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 横浜ベイスターズ ◇希望枠    高崎健太郎 投手 日産自動車   ◇大学生・社会人他 1位(選択権なし) 2位(選択権なし) 3位 木村雄太 投手  東京ガス ※入団合意せず 4位 下園辰哉 外野手 九州国際大 ... 続きを見る


2014年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2014年のプロ野球ドラフト会議では、支配下選手81名(セ・リーグ39名、パ・リーグ42名)、育成選手23名(セ・リーグ12名、パ・リーグ11名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 東京ヤクルトスワローズ ×  安樂智大 投手  済美高 1位 竹下真吾 投手  ヤマハ 2位 風張蓮  投手  東農大北海道オホーツク 3位 山川晃司 捕手  福岡工大城東高 4位 寺田哲也 投手  香川オリーブガイナーズ 5位 中元勇作 投手  伯和ビクトリーズ 6位 土肥寛昌 投手  Honda鈴鹿 7位 ... 続きを見る


2003年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2003年のプロ野球ドラフト会議では、自由枠入団を含めた新人選手71名(セ・リーグ32名、パ・リーグ39名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 横浜ベイスターズ ◇自由枠    吉川輝昭 投手 日本文理大    森大輔  投手 三菱ふそう川崎   ◇選択選手 1位(選択権なし) 2位(選択権なし) 3位(選択権なし) 4位 牛田成樹 投手  明治大 5位 呉本成徳 内野手 明治大   広島東洋カープ ◇自由枠    獲得なし   ◇選択選手 1位 白濱裕太  ... 続きを見る


2002年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2002年のプロ野球ドラフト会議では、自由枠入団を含めた新人選手90名(セ・リーグ49名、パ・リーグ41名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 横浜ベイスターズ ◇自由枠    村田修一  内野手 日本大    土居龍太郎 投手  法政大   ◇選択選手 1位(選択権なし) 2位(選択権なし) 3位(選択権なし) 4位 加藤武治  投手  三菱ふそう川崎 5位 吉村裕基  内野手 東福岡高 6位 北川利之  内野手 川崎製鉄水島 7位 飯田龍一郎 投手  育英高 8位 河野友軌 ... 続きを見る


2009年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2009年のプロ野球ドラフト会議では、支配下選手66名(セ・リーグ35名、パ・リーグ31名)、育成選手17名(セ・リーグ15名、パ・リーグ2名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 横浜ベイスターズ 1位 筒香嘉智 内野手 横浜高 2位 加賀繁  投手  住友金属鹿島 3位 安斉雄虎 投手  向上高 4位 眞下貴之 投手  東海大望洋高 5位 福田岳洋 投手  香川オリーブガイナーズ   ◇育成 1位 国吉佑樹 投手 秀岳館高 2位 小林公太 投手 多摩大付聖ヶ丘高   ... 続きを見る


2012年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

2012年のプロ野球ドラフト会議では、支配下選手70名(セ・リーグ36名、パ・リーグ34名)、育成選手13名(セ・リーグ5名、パ・リーグ8名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 横浜DeNAベイスターズ ×  東浜巨  投手  亜細亜大 1位 白崎浩之 内野手 駒沢大 2位 三嶋一輝 投手  法政大 3位 井納翔一 投手  NTT東日本 4位 赤堀大智 外野手 セガサミー 5位 安部建輝 投手  NTT西日本 6位 宮﨑敏郎 内野手 セガサミー   ◇育成 1位 今井金太 投手  ... 続きを見る


2007年プロ野球ドラフト会議、12球団指名選手一覧

2020/03/26

 2007年のプロ野球ドラフト会議では、大学生・社会人他出身選手34名(セ・リーグ18名、パ・リーグ16名)、高卒出身選手39名(セ・リーグ17名、パ・リーグ12名)、育成選手15名(セ・リーグ8名、パ・リーグ7名)が指名された。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   セ・リーグ 東京ヤクルトスワローズ ◇大学生・社会人他 1位 加藤幹典 投手  慶應大 2位(選択権なし) 3位 鬼崎裕司 内野手 富士重工業 4位 岡本秀寛 投手  JFE西日本 5位 中尾敏浩 外野手 JR東日本 6位 三輪正義 内野手 四国リーグ・ ... 続きを見る


西武、小川町・越生町と「連携協力に関する基本協定」締結で50市町村目 “同名”小川龍也と背番号「50」の中塚駿太も歓迎 

2020/03/24

 小川町(町長:松本恒夫)、越生町(町長:新井雄啓)と株式会社西武ライオンズ(埼玉県所沢市、代表取締役社長:居郷肇)は24日、西武ライオンズの地域コミュニティ活動「L-FRIENDS(エルフレンズ)(※1)」の活動の一環である「連携協力に関する基本協定」を締結した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    この締結により、小川町・越生町は、本日付けで西武ライオンズのフレンドリーシティ(※2)となった。これは、小川町・越生町及び西武ライオンズが持つ資源を有効に活用し、協働して事業に取り組むことを通じて、地域社会の発展や市 ... 続きを見る


プロ野球開幕は4月24日を目指す「状況は流動的。最大限の努力を」 西武・辻発彦監督「工夫して調整」

2020/03/24

パ・リーグは練習試合も中止  日本野球機構(NPB)は23日、12球団代表者会議を開催し、今季のセントラル・リーグおよびパシフィック・リーグの開幕について4月24日を目指すことを決定した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を懸念し延期されているプロ野球の開幕。これまでオープン戦中止、無観客での練習試合を行うなどの対応をする中で4月10日以降の開幕を目指していたが、NPBはこの日の代表者会議で4月24日の開幕を目指すことを決めた。    同会議では専 ... 続きを見る


西武・松坂大輔、5四死球の乱調の中にも光明見出す「いい感じで脱力できている投球を」

2020/03/22

日本ハムとの練習試合で5回4失点  今季から埼玉西武ライオンズに復帰した松坂大輔投手が22日、本拠地メットライフドームで行われた北海道日本ハムファイターズ戦に先発登板し、5四死球を与え4失点しながら5回を投げ切った。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    今季から埼玉西武ライオンズに復帰した松坂大輔投手が22日、本拠地メットライフドームで行われた北海道日本ハムファイターズ戦に先発登板し、5四死球を与え4失点しながら5回を投げ切った。    松坂は初回に2死から3番・近藤健介外野手に対して四球を当てるも、続く ... 続きを見る


西武、契約保留中の多和田真三郎がチーム合流 3軍練習に参加し調整進める

2020/03/22

昨季は1勝、シーズン終盤に不整脈と自律神経失調症を発症  契約保留になっていた埼玉西武ライオンズの多和田真三郎投手が、24日からチームに合流することになった。22日に渡辺久信GMが明らかにした。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    多和田は中部商、富士大を経て2015年にドラフト1位で西武に入団。1年目から7勝を挙げると、3年目の2018年には16勝(5敗)を挙げて最多勝のタイトルを獲得した。    しかし、昨季は1勝に終わり、9月には頻脈性不整脈を診断されるとともに自律神経失調症を発症。シーズン終了後の ... 続きを見る


創成期はほとんどが支配下登録へ…ソフトバンク、育成ドラフト指名から支配下へと這い上がった選手達【第1回】

2020/03/20

福岡ソフトバンクホークスの育成契約から1軍戦力に育て上げる手腕が高く評価されている。16日には尾形崇斗投手とリチャード内野手を支配下登録するなど、どんどん新しい芽が出てくる。過去に育成から支配下へ上がった選手の変遷を追い、ドラフト指名戦略や育成方針などを探る。全3回の第1回。... 続きを見る


西武、ときがわ町と「連携協力に関する基本協定」を締結 県内「48」市町村目のフレンドリーシティで武隈祥太投手も歓迎

2020/03/19

 ときがわ町(町長:渡邉一美)と株式会社西武ライオンズ(埼玉県所沢市、代表取締役社長:居郷肇)は、19日、西武ライオンズの地域コミュニティ活動「L-FRIENDS(エルフレンズ)(※1)」の活動の一環である「連携協力に関する基本協定」を締結した。    この締結により、ときがわ町は、本日付けで西武ライオンズのフレンドリーシティ(※2)となった。これは、ときがわ町及び西武ライオンズが持つ資源を有効に活用し、協働して事業に取り組むことを通じて、地域社会の発展や市民福祉の向上などに寄与することを目的に行うもの。西武ライオンズとしては2015年3月に県内の自治体と締結を開始し、本件で48市町 ... 続きを見る


西武、越谷市と「連携協力に関する基本協定」を締結 県内「47」市町目のフレンドリーシティで松岡洸希投手も歓迎

2020/03/06

 越谷市(市長:高橋努)と株式会社西武ライオンズ(埼玉県所沢市、代表取締役社長:居郷肇)は、6日、西武ライオンズの地域コミュニティ活動「L-FRIENDS(エルフレンズ)(※1)」の活動の一環である「連携協力に関する基本協定」を締結した。    この締結により、越谷市は、本日付けで西武ライオンズのフレンドリーシティ(※2)となった。これは、越谷市及び西武ライオンズが持つ資源を有効に活用し、協働して事業に取り組むことを通じて、地域社会の発展や市民福祉の向上などに寄与することを目的に行うもの。西武ライオンズとしては2015年3月に県内の自治体と締結を開始し、本件で47市町目となる。 &n ... 続きを見る


西武、行田市と「連携協力に関する基本協定」を締結 県内「46」市町目のフレンドリーシティで鈴木将平も歓迎

2020/03/05

 行田市(市長:石井直彦)と株式会社西武ライオンズ(埼玉県所沢市、代表取締役社長:居郷肇)は5日、西武ライオンズの地域コミュニティ活動「L-FRIENDS(エルフレンズ)(※1)」の活動の一環である「連携協力に関する基本協定」を締結した。    この締結より、行田市は、本日付けで西武ライオンズのフレンドリーシティ(※2)となった。これは、行田市及び西武ライオンズが持つ資源を有効に活用し、協働して事業に取り組むことを通じて、地域社会の発展や市民福祉の向上などに寄与することを目的に行うもの。西武ライオンズとしては2015年3月に県内の自治体と締結を開始し、本件で46市町目となる。 &nb ... 続きを見る


西武の新リードオフ? 「1番・DH」中村剛也が第1打席で復帰アーチ「打ててよかった」

2020/03/03

 埼玉西武ライオンズの中村剛也内野手が3日、中日ドラゴンズとのオープン戦に「1番・指名打者(DH)」で先発出場。第1打席に、レフトへのソロ本塁打を放った。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    過去本塁打王6回のスラッガーがリードオフを務めたこの日。右ふくらはぎ痛の影響で2軍にて調整を進めてきたが、1軍合流後にすぐさま結果を出した。中村は球団を通じて、「多分真っすぐです。打ててよかったです」とコメント。リーグ3連覇を狙うチームに明るい材料となった。... 続きを見る


西武・源田壮亮、オープン戦無観客試合にコメント「与えられた環境の中で、開幕までしっかり調整をしていきたい」

2020/02/27

 埼玉西武ライオンズの主将・源田壮亮内野手が27日、オープン戦の無観客試合決定についてコメントを発表した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    NPBが26日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、29日から3月15日に開催予定だったオープン戦全72試合を無観客試合とすることを発表。各球団がそれぞれにファンサービスを自粛するなど対策を行ってきたが、ついに全球団が結束しての判断に踏み切った。    この発表に、西武の源田が球団を通じて「この度は、ファンの皆さまにオープン戦をお見せすることができず残念です ... 続きを見る


西武、17年ドラ2・西川愛也が「外野手」登録に変更 特長生かし一軍デビュー目指す

2020/02/18

昨季はファームで3本塁打含む長打10本  埼玉西武ライオンズは18日、西川愛也を「内野手」登録から「外野手」登録に変更することを発表した。    西川は花咲徳栄高時代の2017年に全国高校野球選手権大会で同校初、埼玉県勢初の優勝に貢献。そして同年秋のドラフト会議で2位指名を受け西武に入団した。    2年目の昨季はファームで103試合に出場し、打率.242、4二塁打、3三塁打、3本塁打、25打点、10盗塁、42得点。一軍での出場経験はまだないが、3年目となる今季は外野手として迎えることとなった。    西武の外野陣は、オフに助っ人コーリー・スパンジェンバーグを獲得 ... 続きを見る


西武がスタッフ育成強化、大石達也氏をMLBメッツに派遣 米国流ノウハウ学ぶ「色んなことを吸収したい」

2020/02/15

昨年5月にパートナーシップ契約を締結  埼玉西武ライオンズの未来を背負って大石達也氏が海を渡る。    西武は15日、昨年限りで現役を引退し「球団本部ファーム・育成グループスタッフ」として再スタートを切った大石氏をニューヨーク・メッツ傘下の1A「セントルーシー・メッツ」に派遣することが決まった。    西武とニューヨーク・メッツは昨年5月にパートナーシップ契約を締結。本契約内容の一つが「人材の派遣」でコーチング技術やデータ活用方法、メディカル・フィジカル面、選手育成などに関するノウハウをお互いに学ぶことを目的としている。    西武は2017年に事業ビジョンを策定 ... 続きを見る


西武キャンプに強力援軍!“キリンが来た”乳酸菌飲料で体調管理 辻発彦監督「きっと風邪引かない」

2020/02/08

キリンビバレッジ営業本部長の西山実氏が訪問  埼玉西武ライオンズのキャンプ地である南郷スタジアムを8日、キリンビバレッジ株式会社の常務執行役員 営業本部長の西山実氏が訪問した。    選手及びスタッフの体調管理の支援を目的に、キリングループの独自素材“プラズマ乳酸菌”を配合した飲料「キリン iMUSE(イミューズ)水」「キリン iMUSE(イミューズ)レモンと乳酸菌」の贈呈式を行なった。    計1680本のキリンビバレッジ商品の目録を受け取った辻発彦監督は「これできっと風邪引かないかな」と笑った。... 続きを見る


西武、松坂大輔が宿泊する日南海岸南郷プリンスホテル7Fの「ライオンズルーム」を公開

2020/02/05

「窓から見る景色は当時と一緒ですね」  埼玉西武ライオンズが5日、春季キャンプを行っている宮崎県日南市にある日南海岸南郷プリンスホテルの「ライオンズルーム」を公開した。    1軍(A班)主体のキャンプが行われている宮崎県日南市南郷町。監督、コーチ、選手が宿泊するのは日南海岸南郷プリンスホテルだ。今年、2005年以来の大幅リニューアルを施した同ホテルは、ライオンズをモチーフに、7階の客室、フロア全体がライオンズ一色に。1階のロビーには、選手たちの直筆サインが入ったベンチや選手ロッカーが設置されるなど、ファンにとって「たまらない」空間となった。    そして、リニューアルされ ... 続きを見る


西武・外崎修汰、一番守りたいのは「セカンド」。球界屈指のユーティリティが語る2020年の目標とは

2020/02/04

投手陣はドラ1トリオに注目  埼玉西武ライオンズが2月1日から春季キャンプを南郷中央公園(宮崎県日南市)で行っている。リーグ3連覇、そして悲願の日本一に向けて、今季のキーマンは誰になるのか。スポーツ・チャンネル『DAZN(ダゾーン)』が、注目ポイントを伝えている。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    「2020の主役は誰だ?」をテーマに、各球団を取材する企画「12球団 キャンプキャラバン」。第3回は、西武について特集された。    2020年の主役として、解説者・西崎幸広氏がキーマンに挙げたのは、日本代表 ... 続きを見る


西武でもプレー。元メジャーリーガー、フェルナンデス氏が昏睡状態に

2020/02/01

MLB通算2276安打、2000年に西武でプレー    かつて西武ライオンズでプレーし、MLB通算2276安打、4度のゴールドグラブ受賞を誇る名プレーヤー、トニー・フェルナンデス氏が昏睡状態にあるというショッキングなニュースが飛び込んできた。1月31日(日本時間2月1日)、フェルナンデス氏の母国ドミニカ共和国の『ディアリオ・リブレ』紙が報じている。    同紙は、ドミニカ人ジャーナリストのエクトル・ゴメス氏のツイートによる第一報に反応。これによると、フェルナンデス氏は重度の肺炎を患っており、現在はアメリカ・フロリダ州の病院に入院しており、昏睡状態に陥っているということだ。 ... 続きを見る


西武、久保田治トレーナーをBC埼玉武蔵に派遣「今後ライオンズに良い影響を与える」

2020/01/30

球団として初の試み  埼玉西武ライオンズは、久保田治トレーナーをルートインBCリーグ(東地区)の埼玉武蔵ヒートベアーズに派遣することを発表した。契約期間は、2月1日~10月31日まで。業務はトレーナーだけではなく、リハビリや筋力と体力要素の向上を図るストレングス&コンディショニングなど多岐にわたる。    球団に籍をおきながら、トレーナーを他球団に派遣するのは、西武として初めて。球団本部長補佐でメディカル・コンディショニンググループのディレクターを兼ねる広池浩司氏は「独立リーグは、NPBとは球場の環境もトレーナーを取り巻く環境も異なります。久保田はNPB球団以外でのチーム経験がないの ... 続きを見る


パ・リーグ“弱点ランキング”。オフに効果的な対処を行ったのはどの球団?【データで解く野球の真実】

2020/01/29

プロ野球は2月1日にいよいよキャンプインを迎える。開幕が近づくのにあわせ、各球団の陣容もほぼ固まってきたように見える。今回は、各球団が昨季抱えていた弱点に対し、このオフにどのような動きを見せたかをおさらいし、評価していく。今回はパ・リーグ編だ。... 続きを見る


西武、源田壮亮ら3選手が母校の選抜高校野球出場にコメント「全力で思い切ったプレーを」

2020/01/25

高橋朋は加藤学園の悲願に歓喜「すごくうれしかった」  埼玉西武ライオンズは24日、第92回選抜高校野球大会に出場が決まった加藤学園(静岡、初出場)のOB高橋朋己投手、大分商(大分、23年ぶり6度目)のOB源田壮亮内野手、明石商(兵庫、2年ぶり3度目)OB松本航投手のコメントを発表した。    加藤学園は昨秋の東海大会で4強入り。春夏通じて悲願の初出場を決めた。OBの高橋朋は、「母校の甲子園初出場を聞き、すごくうれしかったです。東海地区大会もチェックしていましたが、「今年はいけるんじゃないか」と思っていました。甲子園に出る高校は名門ばかり。初出場なので、気負わず精一杯プレーしてほしいで ... 続きを見る


西武、速球派右腕ギャレットと契約合意 新助っ人ノリン&スパンジェンバーグの背番号も発表

2019/12/24

今季念願のメジャーデビュー  埼玉西武ライオンズは24日、新外国人選手として前テキサス・レンジャーズのリード・ギャレット投手と来季の選手契約について合意したことを発表した。背番号は「33」となる。    ギャレットは米国出身の26歳(2020年1月2日に27歳)で、身長188センチ、体重95キロの右腕。2014年のドラフトでテキサス・レンジャーズから16巡目(全体486位)指名を受けて入団した。    今季はデトロイト・タイガースでメジャーデビューするも、13試合で防御率8.22と優れた成績を残せず。5月にはメジャーの40人枠から外す措置(DFA)を取られ、タイガースを事実 ... 続きを見る


西武の新助っ人スパンジェンバーグをデータ分析 最適は「9番・二塁」?元有望株の能力開花なるか

2019/12/08

左右の投手に対して分かれた相性。カウントは追い込まれる前に勝負を  埼玉西武ライオンズが6日、前ミルウォーキー・ブリュワーズのコーリー・スパンジェンバーグ内野手と来季の契約を結んだ。かつてドラフト全体10位指名を受けた有望株は、どのような素質を持った選手なのだろうか。詳細なデータとともに考察しよう。    28歳のスパンジェンバーグは、インディアナ州立大時代の2011年にサンディエゴ・パドレスからドラフト1巡目(全体10位)指名を受けて入団。マイナーリーグ、メジャーリーグを通じて内野では二塁、三塁、遊撃、外野では左翼、中堅、右翼を経験し、ユーティリティー選手としての多彩な起用に対応し ... 続きを見る


西武、新助っ人ノリン&スパンジェンバーグと契約合意 元阪神・森越祐人、6年目メヒアとも合意

2019/12/06

 埼玉西武ライオンズは6日、ショーン・ノリン投手、コーリー・スパンジェンバーグ内野手と選手契約について合意したと発表。さらに、元阪神タイガースの森越祐人内野手の獲得も決定した。また、交渉を続けていたエルネスト・メヒア内野手とは来季の契約合意に至っている。    ノリンは、2010年ドラフト6巡目(全体186位)でトロント・ブルージェイズに入団した左腕。29歳で迎えた今季は、シアトル・マリナーズ傘下3Aタコマ・レイニアーズなどでプレーした。メジャーの舞台では、オークランド・アスレチックスに在籍した2015年以来4年間遠ざかっている。    スパンジェンバーグは、2011年ドラ ... 続きを見る


キューバ勢が活躍のソフトバンク、楽天は新戦力が躍動。西武は…2019年の助っ人外国人選手の成績は?<パ・リーグ上位3球団>

2019/12/06

 今季は福岡ソフトバンクホークスのジュリスベル・グラシアル内野手が日本シリーズMVPを獲得するなど、チーム編成には欠かせないのが助っ人外国人選手の存在だ。近年では、メジャーリーグ経験のある選手も数多く来日し、1軍登録の上限である4枠を巡って競争も激しくなっている。    今回も2019シーズンの助っ人選手の成績を振り返る。第4回はパ・リーグ上位3チームだ。また、表中の二重線以下はファーム成績となる。 【次ページ】西武... 続きを見る


西武、松坂大輔との契約合意を発表 “平成の怪物”14年ぶり古巣復帰「努力していきたい」

2019/12/03

日米通算170勝、「育ててもらった所沢」で再復活なるか  埼玉西武ライオンズは3日、前中日ドラゴンズの松坂大輔投手との契約に合意したと発表した。松坂自身14年ぶりの西武復帰となる。    松坂は横浜高を経て1998年ドラフト1位で西武に入団。ルーキー年の1999年にいきなり16勝を挙げパシフィック・リーグ最多勝のタイトルを獲得するとともに、最優秀新人賞(新人賞)を受賞した。    その後も3年連続2桁勝利(1999年~2001年)、4年連続2桁勝利(2003年~2006年)をマークし、「平成の怪物」は堂々と西武のエースを務め上げた。    そして2007年からはポ ... 続きを見る


美馬学と福田秀平は千葉ロッテ、鈴木大地は楽天へ 国内FA権行使の全5選手の来季所属先が決定

2019/11/27

 千葉ロッテマリーンズが26日、福岡ソフトバンクホークスからフリーエージェント(FA)宣言をしていた福田秀平外野手の入団を発表した。これにより、国内FA権を行使した全5選手の所属先が決まった。    今オフ国内FA権を行使した選手は、行使を宣言して残留を表明した埼玉西武ライオンズの十亀剣投手、東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大投手の他、美馬学投手、鈴木大地内野手、福田秀平外野手の5人。    そして美馬と福田はロッテへの移籍が決まり、鈴木は楽天への移籍が決まった。いずれも同じパシフィック・リーグ球団への移籍となったが、より多くの出場・登板機会を得るとともに、新天地での心 ... 続きを見る


パMVPの西武・森友哉「全ての方々の支えのおかげ」。小兵170センチで“新・最強捕手”に

2019/11/27

球宴MVP、首位打者、ベストナインに続く功績 「NPB AWARDS 2019表彰式」が26日、都内で行われ、今季のパシフィック・リーグの最優秀選手賞(MVP)に埼玉西武ライオンズに森友哉捕手が受賞した。    プロ6年目の森は、正捕手として今季135試合に出場。打撃では打率.329で自身初の首位打者のタイトルを獲得した他、キャリア最多となる23本塁打、105打点をマーク。そして72四球を選んだ一方で、喫した三振は昨季から16個減となる89個にとどめ、中心打者としてパ・リーグ連覇に大きく貢献した。    オールスターMVP(第1戦)、首位打者、ベストナインに続くMVP受賞 ... 続きを見る


西武、8選手の背番号変更を発表 山川穂高は「33」→「3」、金子侑司は松井稼頭央らの「7」

2019/11/25

 埼玉西武ライオンズは25日、山川穂高内野手ら8選手の背番号変更を発表した。    2020シーズンから背番号を変更するのは、小川龍也投手(44→29)、與座海人投手(124→44)、中塚駿太投手(22→50)、相内誠投手(41→66)、岡田雅利捕手(37→2)、山川穂高内野手(33→3)、金子侑司外野手(8→7)、戸川大輔外野手(71→65)の8選手。    山川の「3」は浅村栄斗内野手(現東北楽天ゴールデンイーグルス)、金子侑の「7」は松井稼頭央氏(現2軍監督)が付けていた。     2019-2020年プロ野球12球団背番号変更選手一覧... 続きを見る


西武、アンダースロー與座海人と支配下契約締結「身が引き締まる思い」

2019/11/06

 埼玉西武ライオンズは6日、與座海人投手と2020年の支配下選手契約を締結したと発表した。背番号は「124」から「44」となる。    與座は、沖縄尚学高、岐阜経済大を経て2017年ドラフト5位で入団した2年目右腕。アンダースローから繰り出す投球が持ち味だが、昨年10月に右肘内側側副靭帯再建手術を受け、今季は育成契約となっていた。    與座は球団を通じて、「早く支配下に戻りたかったのでもちろんうれしいです。ただそれ以上に、身が引き締まる思いの方が強く、責任を感じます。来季に向けてしっかり練習していきます」とコメントした。... 続きを見る


NPB、2019年度FA宣言選手を公示 国内FAは楽天・則本昂大ら5人、海外FAは西武・秋山翔吾のみ

2019/11/02

全てパ・リーグの選手たち  日本野球機構(NPB)は2日、2019年度のフリーエージェント(FA)宣言選手を公示した。    国内FA宣言選手は埼玉西武ライオンズの十亀剣投手、福岡ソフトバンクホークスの福田秀平外野手ら5人(投手3人、野手2人)。海外FA宣言選手は埼玉西武ライオンズの秋山翔吾外野手1人となった。    すでに、西武・十亀と楽天・則本は宣言した上での残留を表明。福田と、東北楽天ゴールデンイーグルスの美馬学投手、千葉ロッテマリーンズの鈴木大地内野手は国内球団での争奪戦が予想される。    2019年度FA宣言選手は次の通り。   <国内FA宣 ... 続きを見る


西武、今季限りで引退の大石達也と中田祥多のスタッフ入りを発表「これからは裏方として」

2019/10/26

大石はファーム育成スタッフ、中田はブルペン捕手  埼玉西武ライオンズは26日、戦力外通告を行った大石達也投手と中田祥多捕手をそれぞれチームスタッフに配置すると発表した。    西武は、今季限りで戦力外となり引退を表明した大石を球団本部統括部ファーム・育成グループスタッフ、中田をブルペン捕手として配置すると発表した。    大石は福岡大大濠高、早稲田大を経て2010年ドラフト1位で西武に入団し、通算132試合で5勝6敗、12ホールド8セーブ、防御率3.64。中田は鳴門工高から2007年高校生ドラフト6位で入団し、通算12試合で打率.050だった。    スタッフ就任 ... 続きを見る


西武、今季12年目で初安打の中田祥多に戦力外通告 捕手不足で育成契約の星孝典氏とも来季契約結ばず

2019/10/21

 埼玉西武ライオンズは21日、中田祥多捕手と育成・星孝典捕手に対し、来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。    中田は、鳴門工から2007年ドラフト6位で西武に入団。プロ12年目の今季は4年ぶりに1軍戦での出場を果たし、プロ初安打をマークしていた。また星は、今季ファーム育成コーチとしてシーズンをスタートしたが、5月にファームの試合出場捕手が不足し、一時的な措置として育成選手契約を結んでいた。     2019-2020年プロ野球12球団現役引退、戦力外、自由契約選手一覧... 続きを見る


西武、辻発彦監督の来季続投が決定 2年契約の2年目で再び日本シリーズ進出&日本一に挑戦

2019/10/14

 埼玉西武ライオンズは13日、今季パシフィック・リーグ2連覇に導いた辻発彦監督の来季続投が決定したことを発表した。    西武は、13日のクライマックスシリーズ・ファイナルステージで福岡ソフトバンクホークスの前に4連敗を喫し敗退が決定。2008年以来となる日本シリーズ進出はならなかった。    しかし、試合後に球団社長の居郷肇氏から辻監督へ来季の続投を要請。辻監督もそれを了承した。来季が2年契約の2年目となり、辻監督自身は2017年から4年目の指揮となる。    今季はレギュラーシーズン80勝62敗で2年連続リーグ優勝を果たした西武。それでも、昨季に続いてソフトバ ... 続きを見る


12球団の人口ピラミッドは? 年齢構成からみるドラフト会議、ストーブリーグの補強ポイント<パ・リーグ編>

2019/10/11

 プロ野球志望届の提出が3日に締め切られ、高校生139人、大学生108人の計247人のドラフト指名候補が出そろった。17日のドラフト会議、またオフの移籍市場を前に、各球団の補強ポイントを、年齢構成の観点から探る。    また、図表には、引退を表明している選手らも含まれる。 【次ページ】オリックス・日本ハム... 続きを見る


西武・森友哉&増田達至が2019最優秀バッテリー賞 初受賞の増田「頼りない自分をうまくリードしてくれてありがとうと言いたい」

2019/10/09

巨人は山口&小林のバッテリーが受賞  「2019年度プロ野球最優秀バッテリー賞」が8日に発表され、パ・リーグから埼玉西武ライオンズの増田達至投手と森友哉捕手が選出された。    西武のリーグ連覇の立役者となった2人。増田は、チーム内では2番目に多い65試合に登板し、防御率は圧巻の1.81。リーグ3位の30セーブをマークするなど、守護神としてチームに貢献した。一方の森は、自慢の打棒も然ることながら、自身最多となる128試合でマスクを被り、投手陣を引っ張った。    初受賞となった増田は、「ひとりで獲れた賞ではないと思うので周りの皆さんに感謝します。森には、頼りない自分をうまく ... 続きを見る





  • 記者募集