データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





侍J、準決勝の先発は千賀でいくべき。武器のフォークは無限の可能性【小宮山悟の眼】

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド・プールEは15日に最終戦を迎え、侍ジャパンがイスラエルを下し、3連勝で決勝ラウンド進出を決めた。敗れればプレーオフ突入という緊迫した試合であったが、先発の千賀滉大投手の好投、筒香嘉智外野手の本塁打で流れを掴んで見事にものにした。21日(日本時間22日)に迎える準決勝へ向け、世界一奪還を目指す侍ジャパンは強豪相手にどのような戦い方が有効となるのだろうか。

2017/03/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



プレッシャーがかかっていたイスラエル戦

 侍Jが2次Rを首位通過した。昨日のイスラエルとの試合は、平常心で戦えば問題なく勝てる相手だと見ていたが、プレッシャーがかかっていた印象を受けた。この試合で負ければ、3チームが2勝1敗で並び、失点率の関係でプレーオフに回ることになる。そのことを意識して、どこかぎこちなさの残るプレーぶりだった。
 
 その中でしっかりと勝てたのは、投打の2人の活躍が大きい。投は先発した千賀滉大(ソフトバンク)、打の方では先制ホームランを打った筒香嘉智(DeNA)だ。
 
 千賀はこれまでの中継ぎ登板時に見せてくれたようなピッチングを先発としても継続していた。速いストレートと落差のあるフォークを上手く使って相手打線を抑え込んだ。「フォークがいまいちだった」と言っていたようだが、私には、日本人的な謙遜としか思えない。それほど圧倒するピッチングだった。プレッシャーの掛かる舞台で冷静に投げて結果を残すのだから「素晴らしい」の一言だ。
 
 筒香については、これまで、彼が打てば勝つという話をしてきたが、15日のゲームはまさにそれを象徴する試合だった。彼が打つとビッグイニングを挙げたように打線が活気づく。チームの中で一番、ホームランを打つ可能性が高い選手であるし、実際に打つと、チームに勢いをつける要素を持っているのだ。筒香のバットには他の選手以上にチームへの影響力を持っているのだ。
 
 また、今大会は、本当に小林誠司(巨人)がラッキーボーイだった。やることなすことすべてが上手い方に向いている。昨日の試合でも6回裏の攻撃で、彼はチャンスで凡打したのに、相手がミス。そして、野手がボールを持っているのに、飛び出してしまうというボーンヘッド。それで挟まれたのに、オールセーフになる。あり得ないことが起きている。幸運が舞い降り来ているかのようだ。
 
 今年のチームは世間の盛り上がり方を見ても、決勝Rが行われるドジャースタジアムまでたどり着くことができれば御の字だったが、これだけの戦い方をすると欲が出てくるだろう。あと2つ勝てば「世界一」だということで、世間は色気を出してくる。だが、あまり入れ込み過ぎないでほしい。日本が決勝ラウンドで対戦するF組は2次Rが始まったばかりだが、いきなり凄まじい戦いを展開している。侍Jは平常心で戦うことこそ、勝利に近づくだろう。

スポンサードリンク

1 2