データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





巨人、屈辱の敗戦続きで生じる“焦り”。大博打「菅野多投プラン」で想定される最悪のシナリオ

7月3日時点で1位広島東洋カープと16ゲーム差がついている読売ジャイアンツ。シーズン前半戦に少しでもゲーム差を縮めたいという考えからか、ここまで大黒柱としてチームを引っ張ってきた菅野智之投手を1日前倒しの中4日で登板させそうだ。ファンの悲鳴も少なくないが、本当に前倒しで登板させるべきなのだろうか。

2017/07/04

text By

タグ: , , , ,



本当に菅野を酷使するべきなのか

 これは果たして「暴挙」なのか、それとも逆に「妙案」なのか。巨人・菅野智之投手の中4日登板がネット上で大きな波紋を広げている。
 
 5日の広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)で菅野が先発するプランが固まり、当初は中5日と見られていたエースの登板間隔をどうやら1日前倒しして中4日とすることになりそうだ。
 
 仮に中5日のままで6日の広島戦に臨めば、次回登板は同じ中5日で前半戦最終戦となる12日のヤクルト戦(東京ドーム)。メンバーに選出されている球宴で第1戦(14日・ナゴヤドーム)に出場するとなれば中1日の強行軍となり、第2戦(15日・ZOZOマリンスタジアム)に回るとしても中2日でかなり苦しい日程だ。
 
 しかし中4日でエースが5日の広島戦に登板する形を取れば、次回登板は中5日で11日のヤクルト戦とすることによってチームにとっても12日の同戦に先発の軸であるマイルズ・マイコラスを投入できるメリットが得られる。さらに菅野自身にとっても当初より1日多く登板間隔を空けて球宴に備えることが出来ると一部のメディアは賞賛していた。
 
 ところが、このプランに対して非常に多くのネットユーザーたちが疑問を投げかけている。「ここまでフル回転させてきたエースを夏場にいきなり中4日で登板させるなんて自殺行為」「そもそも中4日だろうが、中5日だろうが、これだけ広島に引き離されているのにナゼわざわざ登板間隔を急に短くして菅野をぶつける必要性があるのか」「菅野が球宴まで酷使され続けて潰れてしまうのではないか」などといった書き込みが随所で散見できた。
 
 ちなみに中6日で4日の広島戦に登板する田口麗斗と、中5日で7日の阪神戦(甲子園)登板が濃厚なマイコラスも前半戦最後の次回登板をそれぞれ中5日、中4日のタイトなスケジュールで回らなければならなくなりそうだが、いずれにしても今回の中4日登板に端を発し、その後も中5日、球宴も中2日あるいは中3日で登板することになる見込みの菅野のほうが負担度は2人よりも断然高い。
 
 加えて補足するならば、マイコラスは球宴に出場しないし、球宴に出場する田口も夢舞台での登板は中3日か中4日となる公算が強く、中2日か中3日でオールスター戦に臨まなければならない菅野よりも間隔が開くことになるからだ。

スポンサードリンク

1 2